ボールブーケの作り方

今回ご紹介する手作りアイデアはボールブーケ。
和装結婚式に造花でボールブーケを作ってみましょう!

※Youtubeで作り方動画を公開しています。

▽材料一式セット、完成品はこちらから▽

早速材料のご説明です。

◇ご用意していただく物◇
*接着剤(グルーガンをお勧めします)
*ワイヤー(#22をお勧めします)
*フラワーテープ(ブラウンまたはモスグリーンをお勧めします)
*木工ボンド

◇材料◇
*素ボールボデー70mm・・・1個
*ジニア3輪セット:ピンク・・・2セット
*ダリア3輪セット:ローズ・・・2セット
*ポンポンマム:ピンク・・・3本
*ミニピオニー:ピンク・・・3個
*ミニポンポンマム:ピンク・・・6本
*プチフリルローズ:ピンクグリーン・・・1セット
金打組紐:ピンク・・・1m
ダブルタッセル:ピンク・・・1個

では、作り方です。

【1】
ボールブーケの持ち手を作ります。
金打組紐を3等分に切り分けます。

組紐はそのまま切ると解けてしますので、はさみを入れる部分をテープで巻きつけてから切ります。
◇動画 0:05

3本になりました。

【2】
3本をワイヤーで1つにまとめます。
◇動画 0:36
ワイヤーが硬い場合はペンチを使ってください。

1つにまとめてみつ編みにします。

編み終わりもワイヤーで留めて下さい。

フラワーテープを伸ばしながら巻きつけて持ち手の下準備は完了です。
◇動画 1:10

【3】

ボールにワイヤーを通すご紹介をしていましたが、ワイヤーを付けた状態でお届けすることになりました^^

【4】
[3]で作った輪に持ち手を付けます。

輪に通してねじり止めたら余分なワイヤーを切り落とします。
◇動画 2:30
ボールに持ち手がつきました。

【5】
ボールに花を挿していきます。

はじめに全ての花にワイヤーをかけておきましょう。

今回は完成サイズ15cmにしたいので、ボールから出る部分が4cmになるように挿します。

ボールブーケを作るポイントとして、花の数が多い種類から挿していきましょう。
同じ種類のものを先にバランスよく挿しておくと、丸く作りやすいです。

今回の材料はジニアとダリアが多いので、これから挿していきます。

ボールに差し込む部分は3~4cmほど欲しいので8cmくらいでカットします。
◇動画 2:40
ワイヤーに木工ボンドを少し付けて、ボールに挿します。

ジニアが挿し終わったらダリアを。

残りのお花の輪数はほぼ同じですが、この場合はお花が大きいものから挿していきましょう。

ポンポンマムを挿して

ミニピオニーを挿します。

その後、ミニポンポンマムを挿してから

最後に一番小さなプチフリルローズを挿します。

【6】
バランスよく挿せたな、とお花の位置が決定したらグルーガンで止めていきます。
木工ボンドを付けているのでここは省いても大丈夫ですが、念のために。

◇動画 4:00
お花をめくってグルーでボールとワイヤー部分を固定します。

ヤケドしないように気をつけて。

グルーが冷めたら埋まっている花びらを起こします。
◇動画 4:15

【7】
ダブルタッセルを結んで、ワイヤーをかけます。
◇動画 4:30
ワイヤーにフラワーテープを伸ばしながら巻きつけたら下準備の完成です。
8cm程度のところでカットしましょう。

持ち手を持ってタッセルを付ける位置を確認します。
◇動画 5:12

位置が決まったら挿し込みます。
タッセルもお花同様に、ボンドを付けて差し込んで、グルーで固定します。

タッセルの結び目にもグルーを付けて解けないようにしておきましょう。

これで完成です。

ボールは2個セットなので、初めは練習のつもりでどんどん挿していきましょう。
位置が決まるまで何度も作り直せるのが造花のいいところですね!
チャレンジしてみてください。

※Youtubeで作り方動画を公開しています。

▽材料一式セット、完成品はこちらから▽