卒業式、入学式のコサージュ付け方、位置はどこ?

すっかり春!
卒業、入学シーズンとなりました。
コサージュの準備はできましたか?

 

スーツと合わせて購入したり、雑貨店やインターネットでも販売しているコサージュですが、どこに付けるのが正解なのか・・・ちょっと悩みませんか?私だけですか・・・

私がふと疑問に思ったのは、
・右と左どっちに付けるのが正しいのか
・位置はどのあたりがいいのか
・茎があるタイプのコサージュは向きは上下どっちが正しいのか
もし正解があるのなら、そのように付けたいなと思うので調べてみました。

 

◆コサージュは右側と左側、どちらに付けるべきなのか

コサージュを付ける位置に決まりは無いそう。
だた、一般的には左側に付けることが多いようです。
これは右利きの人が多いから、とか左側が視線を集めやすいからとかいろいろあるそうです。

いろいろ投稿されている画像なんかを見てみましたが、左側に付けている人多数で、これはもう左側に付けること決定ですよ。
コサージュは左側。なるほどなるほど。

◆つける位置はどのあたりがいいのか

卒業式、入学式には、子供たちも学校から【入学おめでとう】のコサージュ的なのを付けてもらいますよね。
その時って胸のあたりだと思うんです。
でも大人でその位置に付けると違和感がすごい!
なので調べてみました。
やはり鎖骨のあたりがいいみたいです。
バランスよく見えてすっきり、顔周りが華やかになります。
なるほど、コサージュは左側の鎖骨当たり。

 

◆茎があるタイプのコサージュは向きは上下どっちが正しいのか

コサージュの作り方はこちら>>

これも決まりは無く、デザインによって下向き、上向き、かわいく見える向きがあると思うのでその向きで付けたらOK!

卒業式、入学式の主役は子供たち!
お母さんの方が華やかに着飾る必要はないので、コサージュも派手になりすぎず、優しい色合いのものを付けたいですね。

デコプラスでは手作りコサージュキットも販売しています。
是非挑戦してみてください^^

▽ 送料無料のキットセットはこちらから ▽
※紹介している商品価格は2021年03月の価格です

>>デコプラス実店舗はこちらから

>>デコプラスオンラインショップはこちらから


気軽に手軽に作ろう!グリーンウォールのキットセットのご紹介

グリーンウォールってご存じですか?
直訳してそのまま、緑の壁です。ウォールグリーンとも言います。

お店の壁面に飾ってあったりするのを見たことある!という方も多いと思います。

こんなやつです↓ デコプラスが施工しました。

ちょっと宣伝
デコプラスでは小規模から大規模まで、造花のフラワーやグリーンでの壁面ディスプレイを承っております。ご相談ください^^

素敵ですが、これはお家のインテリアとしては規模が大きすぎますね。そこで、少し飾りたい、もっと手軽に飾りたい、という方向けのキットセットをご紹介します。
続きを読む 気軽に手軽に作ろう!グリーンウォールのキットセットのご紹介

3月8日はミモザの日

3月8日はイタリアでは女性にミモザを贈る「ミモザの日」。女性の社会参画を願う日とされている国際女性デーは、イタリアでは同時期にミモザの花が咲くことにちなんで、そう呼ばれています。

3月8日はミモザの日/デコプラスオンラインショップ


続きを読む 3月8日はミモザの日

アーティフィシャルフラワーでトピアリーアレンジ!キットセット販売中です

お正月飾りを片付けたら、明るくかわいい春の飾りをしたくなります。

今回は棚に置けるような可愛いアレンジのキットセットをご紹介しますね。
 

▽ 送料無料のキットセットはこちらから ▽
オンラインショップでは送料無料の可愛いキットセットをご用意しております。
はじめて作る、というお客様にも楽しく作れるキットセットになっておりますので是非ご覧下さい♪

では早速ご紹介してきます。
続きを読む アーティフィシャルフラワーでトピアリーアレンジ!キットセット販売中です

素敵な花言葉の花を選んでブーケを


あけましておめでとうございます!
旧年中はコロナの影響で営業にも影響がある中、ひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。
本年も 昨年同様、変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
新年営業日につきましては、店頭、オンラインショッともに1/5より営業いたしております。
お客様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

素敵な花言葉の花を選んでブーケを/デコプラスオンラインショップ

続きを読む 素敵な花言葉の花を選んでブーケを

おしゃれなしめ縄飾りで新年を!


日本ならではの風習、お正月といえばしめ縄飾りですよね。玄関に飾ったり、マンションなどでは部屋の中で飾ったり、お家によって様々。近年では手作りされたり、ワークショップやお教室で作ったりされる方も多いのでは。
毎年違うデザインで新しい年を迎えませんか?

おしゃれなしめ縄飾りで新年を!/デコプラスオンライン


続きを読む おしゃれなしめ縄飾りで新年を!

造花専門店だからこそ教えます!レアな造花のあれこれ


弊社は造花専門店として、来年創業70年となります。
この被爆地広島で、戦後まもなく造花ひとすじ続けております。


参照元:http://hiroshimalove.com

戦後直後より広島流川のど真ん中で細々と営業(人形・玩具問屋がメインで造花は二の次くらい程度)しておりましたが、縁あって現在の「舟入」という市内中心街から少し離れた住宅街の一角に移転しました。どうしても「流川」と耳にすると、「任侠」だの「夜の街」のイメージが強く一方通行が多いし、特に女性は昼間でも立ち寄りづらいですよねぇ。

駐車場の確保が必須といった時代の流れもありましたから、造花をメインとした店づくりと場所も一新したところに店舗名も愛着ある変化を遂げて、より親しみやすくなったと思います。

※ただ「卸売」をメインにしている私たちの外装は、大切なお客様のご迷惑をかけぬよう一般の方向けの看板や一般広告を掲げておりません。遠方から探して迷いながらご来店くださる方の多いことに心から感謝しております。ここでお礼申しあげます!

以前は、造花店というイメージはどうしても「葬儀店」とか「四季装飾店」だったりしましたね。弊社も「ザ☆昭和」的な商品を扱っていたものでしたよ。

最近は、雑貨店にも造花が店頭に並んでいたりします。お洒落なインテリア店にもインテリア雑貨としての取り扱いをされていますね。昔から造花を生業としていた私たちにとって心から歓迎すべき時代になったものです。

私たちスタッフは「造花」を「アーティフィシャルフラワー」と統一して呼称しています。最近のアーティフィシャルフラワー(造花)の品質のレベルが高く、一般の方には非常に驚かれることが多いので、ここで専門店だからこそご紹介するレアな商品をご紹介しましょう。

続きを読む 造花専門店だからこそ教えます!レアな造花のあれこれ

半年前に飾った造花の墓花がどうなったか写真を撮ってきました

まず初めに、うちのお墓がどこにあるのかご覧ください。

山の中です。先週撮影してきました。
秋の山の色になってきていますね~。
続きを読む 半年前に飾った造花の墓花がどうなったか写真を撮ってきました