カレイドフレーム:チュールの付け方


今人気のカレイドフレームアレンジ。
デコプラスオンラインショップでも販売開始いたしました!
今回は、チュールの貼り方をご紹介いたします!

カレイドフレーム/デコプラスオンラインショップ
続きを読む カレイドフレーム:チュールの付け方

バレンタインにお花を・・・

2月14日 St.Valentine’s Day(セントバレンタインデー)は、世界各地で愛の誓いの日とされています。
ヨーロッパ諸国では、バレンタインデーに男女が互いにカードを贈り合う習慣がありましたが、男性から女性に花を贈る習慣は、イギリスから始まったそう。カードに花を添えて贈ることで、求愛のイベントになったといわれています。
日本ではまだまだバレンタインに男性から女性に贈り物をという風習はなかなか見ないですよね。でもお花は女性の心に一番残るプレゼントなので、ぜひプレゼントとして世の男性たちに検討してほしいです。

バレンタインにお花を・・・/デコプラスオンラインショップ

続きを読む バレンタインにお花を・・・

両親への花束贈呈

あけましておめでとうございます!
旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。
本年も 昨年同様、変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
新年営業日につきましては、店頭は1/5より、オンラインショップは1/7より営業いたしております。お客様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ちしております。デコプラスオンラインショップ

開店祝いにはなぜ胡蝶蘭が定番なの?

開業祝い、開店祝い、栄転祝いなど様々な場面で訪れる「お祝い」。
お祝いの定番としてよく贈られる胡蝶蘭。よくオープンしたてのお店にズラッと胡蝶蘭が並んでいるのを見たことはないですか?なぜ胡蝶蘭が多くの場面で選ばれるのか、その理由が気になったので調べてみました。

開店祝いにはなぜ胡蝶蘭が定番なの?/デコプラス

続きを読む 開店祝いにはなぜ胡蝶蘭が定番なの?

ひろしまフラワーフェスティバル

ひろしまフラワーフェスティバルは、毎年5月3日から5日までGWに開催される広島人には馴染みのある大変大きなお祭りです。会場は広島市中心地にある平和大通りから平和記念公園周辺になります。

広島フラワーフェスティバルサイト
http://www.hiroshima-ff.com/

ひろしまフラワーフェスティバル
引用元:http://photolife63.blog.fc2.com/blog-entry-361.html

3日~5日は毎日パレードが行われ、いろんなスペースでイベントもあったり、露店があったりと楽しいことが満載の花のお祭り。有名な歌手のステージやパレードもあるので、毎年行く方も多いはずです。3日の11時に、花の塔に点火して祭りが開始されます。パレードのない時間帯には平和大通りは歩行者天国になります。

続きを読む ひろしまフラワーフェスティバル

ウェディング:ヘッドドレス、ヘッドパーツ(造花)の付け方

ウェディングシーンや発表会、成人式はもちろん、七五三など、女の子は髪を素敵に結って、髪飾りを付ける機会が多いですよね。
髪飾りも、リボンからお花まで幅広くあります。

せっかくなのでお花で飾ってみてはいかがでしょうか^^

店頭にご来店頂ければ、たくさんのお花の中から、お好きなものを組み合わせてお作りいただけます。
もちろんご相談いただきましたらスタッフがアドバイスもできますし、もちろんこちらでお作りする事も可能です。
デコプラスではオーダーもたくさん受けていますのでぜひご相談くださいね。
続きを読む ウェディング:ヘッドドレス、ヘッドパーツ(造花)の付け方

ミモザの花冠の作り方

ナチュラルなウェディングをイメージしている花嫁様に人気のミモザ。

優しい色合いのふんわりしたかわいい花かんむりを作ります。

かわいいドレスに合わせたい、ふんわりとした花かんむりが出来上がります。

▽材料一式セット、完成品はこちらから▽
材料セットはこちら
完成品はこちら

材料は全てワイヤリング済み!
届いたその日から作り始められます。

【1】セットの中に入っているラフィアで頭囲を測ります。

付けたい位置や角度によって長さが変わってくるので、どんな風に花かんむりを付けたいかイメージしてみましょう。

【2】セットの花材を2つに分けます。
ミモザは大中小あるので、先に振り分けます。

2等分で割り切れない数のお花もあるので、大体で大丈夫です。

1周ぐるりと作るときに、足りなくなったら困るので、まず半分作ります。
[1]で測ったラフィアの半分の長さになるように、大体どんな順番に組んでいくかイメージで並べてみると作りやすいです。

【3】重ねて少しねじります。

ねじった部分をフラワーテープで留めます。
フラワーテープは引っ張ると伸びて、色が薄くなります。

伸ばしながら巻くと、フラワーテープ同士がくっつきます。
緩まないようにぴったりと巻いていきます。

2~3cm程度巻いたら切ります。
フラワーテープは手で千切ることができます。

1本ずつフラワーテープで留めていき、どんどんつなげていきます。

どんどんつなげていって・・・

半分が組み終わりました。

[1]で測った頭囲の大体半分になっていれば、続けて組んでいきましょう。
もし、短かければもう少しゆったり組みなおしてください。
長い場合は、つめて作り直してもいいですし、特に見た感じ気にならないようであればそのまま進めていってかまいません。
但し、後半に残ったもの全てを組むと、半分はゆったり、半分はぎっしり詰まった印象になってしますので、残った本数と同じ分だけ、後半の花材から抜いておきましょう。

【4】1本に組み終わりました。

[1]で測った頭囲のラフィアと比べて、同じサイズになっていれば輪にしていきます。

【5】組み終わりを、組み始めの裏側に当ててワイヤーで2~3箇所ねじり留めます。

ねじった上からフラワーテープを巻きます。

これで花かんむりは完成です。

▽材料一式セット、完成品はこちらから▽
材料セットはこちら
完成品はこちら