ゴールドスクエア:もみじの和風ウェルカムボードの作り方

輝くゴールドのベースにお花を貼って和装ウェディングのウェルカムボードに

▽材料一式セット、完成品はこちらから▽
材料セットはこちら
完成品はこちら

【1】
もみじをゴールドスクエアに貼ります。
枝が長いのでカットします。

【2】
下に向かうように貼ります。
少し曲げて貼るとナチュラルに仕上がります。

2箇所くらいグルーを付けます。

【3】
黄色のダリアを貼ります。

【4】
斜め上に白いダリアを貼ります。

黄色のダリアを少しめくるような感じで斜めに貼ります。

【5】
ポンポンマムを貼ります。
黄色と白のダリアの間に貼るとバランスがいいです。

【6】
ベリーにグルーを付けて差し込みます。

【7】
次に右側にアレンジします。
もみじの枝を切り落とします。

【8】
右下から上に向かって貼ります。
もみじの葉でお名前が隠れてしまう場合は、葉っぱをカットして貼ります。

こんな感じに

【9】
もみじのグルーを付けた上に、バンクシアローズを貼ります。

【10】
もみじの残り1本を半分にカットします。

【11】
半分にカットした下の部分にグルーを付けて、白のダリアとポンポンマムの間に差し込みます。

【12】
残りのもみじも奥行き感が出るように、[11]で貼ったもみじの奥側へ貼ります。

【13】
残りのバンクシアローズをバランスよく、好きな位置に貼っていきます。

【14】
タッセルを貼って完成です。
結び直してもいいし、そのままでも。
お好きな形で貼り付けてください。

お疲れ様でした^^

▽材料一式セット、完成品はこちらから▽
材料セットはこちら
完成品はこちら

>>デコプラス実店舗はこちらから

>>デコプラスオンラインショップはこちらから

アーティフィシャルフラワーで作る!セルリアとユーカリのクラッチブーケの作り方

造花で作るクラッチブーケはいつまでもキレイに保てます。
ナチュラルカラーで仕上げて
海外挙式や前撮りにも使えます。

キットセットお買い上げのお客様には、詳しい作り方動画のQRコードをご案内します。

ブートニアの作り方も動画で確認できます

▽材料一式セット、完成品はこちらから▽
材料セットはこちら
完成品はこちら

【1】動画 00;10
ユーカリを少しばらしてパーツにします。

リーフと実を1本ずつブートニア用に取っておきます。

動画 01;07
ばらしたユーカリの下部分にフラワーテープを巻きつけます。

【2】動画 01;35
枝を小分けにします

動画 02;02
ユーカリに枝を組み込んでいきます

【3】動画 03;20
セルリアを入れます。
いらない葉っぱは取ってから組みます。

【4】動画 03;55
クリスマスローズを入れます

【5】動画 04;12
ハイドレンジアを左下に入れます

【6】動画 04;40
ユーカリベリーを入れます

【7】動画 05;00
[1]でばらしたパーツを足元に組み込んでいきます

【8】動画 06;13
ワイヤーで留めます

【9】動画 07;21
枝の長さをそろえます

【10】動画 07;38
ワイヤー部分をフラワーテープで巻きます

【11】動画 11;07
フラワーテープでまいた部分をラフィアで隠します

【12】動画11;30
ラフィアで蝶結びのパーツを作ります

【13】動画 12;15
蝶結びを付けて、長さを整えます

【14】動画 08;13
残りの材料を組んでブートニアを作ります

出来上がりました

キットセットお買い上げのお客様には、詳しい作り方動画のQRコードをご案内します。
ブートニアの作り方も動画で確認できます

▽材料一式セット、完成品はこちらから▽
材料セットはこちら
完成品はこちら

アネモネとローズのリースブーケの作り方

ナチュラルでかわいいお花たっぷりのリースブーケを作ります。

アーティフィシャルフラワーの枝はリアルなのにふかふかした手触り。
ドレスや手元を枝で引っ掛けて本番ケガをする心配がありません。

▽材料一式セット、完成品はこちらから▽
材料セットはこちら
完成品はこちら

ベースにグルーガンで貼り付けていくだけ。

早速作ってみましょう。

【1】
まずはファイカスから貼り付けていきます。
リースベースに沿うように、カーブを付けて

ベースに絡ませて

グルーで付けます。

【2】
中心を埋めるように、ダスティミラーを貼ります。

【3】
次にカスミ草を付けます。

枝を抜くと2つのパーツに分かれます。

3本をパーツに分けて、左右に3つずつ貼ります。

【4】
次にローズを貼ります。

【5】
そしてアネモネを貼ります。

【6】
フランネルフラワーを貼ります。
短めにカットして、差し込むように貼り付けてください。

【7】
次にベロニカを挿します。
ベロニカは3本セットになっています。
1本はブトニア用に取っておきます。

2本をブーケに入れます。
19.jpg” alt=”” width=”640″ height=”437″ class=”alignnone size-full wp-image-4522″ />

グリーンを整えて、これでリースは完成です。

【8】
次にブトニアを作ります。
ベロニカの一番下のグリーンを切り取ります。

アネモネと合わせてフラワーテープで巻き留めます。
テープは伸ばしてから巻くとくっつきます。
留まったら余ったフラワーテープを切ります。

リボンを巻きつけます。

巻き終わりが裏になるとキレイです。

リボンを付けて完成です

▽材料一式セット、完成品はこちらから▽
材料セットはこちら
完成品はこちら

お花のオーダーってなんだか難しい??

ブーケを作ってもらいたい、花束やアレンジを買いたい。

そう思ったときはどうしますか?
ネットショッピング?
お花屋さんでしょうか。

続きを読む お花のオーダーってなんだか難しい??

アーティフィシャルフラワー、造花ってどこで買えるの?

4月ももう終わりですね。

新年度を迎えて、少し生活リズムもできてきたころでしょうか。
ちょっとお部屋がさみしいな、少しイメージチェンジをしたいな、って思ったとき。
ここにお花があったらかわいいかな、この棚に少しグリーンがあればかわいいかも。

生花はお手入れがちょっと大変そうだし、造花がいいな。
そう思ったときはどこにお買い物に行きますか?

続きを読む アーティフィシャルフラワー、造花ってどこで買えるの?

ベビーフォト、ニューボーンフォトにお花を飾ってセルフフォト!

ニューボーンフォトって??
New Born-ニューボーン-とは新生児のこと。
ニューボーンフォトとは生後2~3週間までの新生児独特の表情、雰囲気を活かした写真を記念に残すものです。

続きを読む ベビーフォト、ニューボーンフォトにお花を飾ってセルフフォト!

ウェディング:ヘッドドレス、ヘッドパーツ(造花)の付け方

ウェディングシーンや発表会、成人式はもちろん、七五三など、女の子は髪を素敵に結って、髪飾りを付ける機会が多いですよね。
髪飾りも、リボンからお花まで幅広くあります。

せっかくなのでお花で飾ってみてはいかがでしょうか^^

店頭にご来店頂ければ、たくさんのお花の中から、お好きなものを組み合わせてお作りいただけます。
もちろんご相談いただきましたらスタッフがアドバイスもできますし、もちろんこちらでお作りする事も可能です。
デコプラスではオーダーもたくさん受けていますのでぜひご相談くださいね。
続きを読む ウェディング:ヘッドドレス、ヘッドパーツ(造花)の付け方

ポンポンマムのボールブーケの作り方

今回ご紹介する手作りアイデアはボールブーケ。
カラフルでかわいいボールブーケは写真にも映えて撮影が楽しくなりそうです。
和装結婚式に造花でボールブーケを作ってみましょう!

※Youtubeでボールブーケの作り方動画を公開しています。

▽材料一式セット、完成品はこちらから▽

早速材料のご説明です。

続きを読む ポンポンマムのボールブーケの作り方

バンクシアローズの花かんむりの作り方

ニュアンスカラーのピンクで優しい色合いのふんわりしたかわいい花かんむりを作ります。

かわいいドレスに合わせたい、ふんわりとした花かんむりが出来上がります。

▽材料一式セット、完成品はこちらから▽
材料セットはこちら
完成品はこちら

材料は全てワイヤリング済み!
届いたその日から作り始められます。

【1】セットの中に入っているラフィアで頭囲を測ります。

付けたい位置や角度によって長さが変わってくるので、どんな風に花かんむりを付けたいかイメージしてみましょう。

【2】
セットの花材を2つに分けます。

2等分で割り切れない数のお花もあるので、大体で大丈夫です。

1周ぐるりと作るときに、足りなくなったら困るので、まず半分作ります。
[1]で測ったラフィアの半分の長さになるように、大体どんな順番に組んでいくかイメージで並べてみると作りやすいです。

【3】重ねて少しねじります。

ねじった部分をフラワーテープで留めます。
フラワーテープは引っ張ると伸びて、色が薄くなります。

伸ばしながら巻くと、フラワーテープ同士がくっつきます。
緩まないようにぴったりと巻いていきます。

2~3cm程度巻いたら切ります。
フラワーテープは手で千切ることができます。

1本ずつフラワーテープで留めていき、どんどんつなげていきます。

どんどんつなげていって、半分が組み終わりました。

[1]で測った頭囲の大体半分になっていれば、続けて組んでいきましょう。
もし、短かければもう少しゆったり組みなおしてください。
長い場合は、つめて作り直してもいいですし、特に見た感じ気にならないようであればそのまま進めていってかまいません。
但し、後半に残ったもの全てを組むと、半分はゆったり、半分はぎっしり詰まった印象になってしますので、残った本数と同じ分だけ、後半の花材から抜いておきましょう。

【4】1本に組み終わりました。

[1]で測った頭囲のラフィアと比べて、同じサイズになっていれば輪にしていきます。

【5】組み終わりを、組み始めの裏側に当ててワイヤーで2~3箇所ねじり留めます。

ねじった上からフラワーテープを巻きます。

これで花かんむりは完成です。

最後に、Uに曲げたワイヤーにリボンを結んで、りぼんも出来上がりです。

▽材料一式セット、完成品はこちらから▽
材料セットはこちら
完成品はこちら